夜のプラットホーム

昨日は夕方から京阪電車枚方市駅の近くにある、店に行きました。

行きの時間はラッシュの真っただ中で、乗り込んだ駅から相当込みあっていました。

乗っている時間は10分ほどですが、久しぶりの通勤電車の雰囲気を味わうことになりました。

仕事を辞めた身からは、車内の勤め人の帰宅風景を見ては、懐かしくもあり、あぁこうでしたなぁ

、と思ったり・・・ほんの1ヶ月も経たないことなのに。

駅を出て、予約してくれていた創作料理の居酒屋に行きました。

その店には京都の町家をイメージし、ほのぼのとした薄暗い中を通った先に個室空間が

いくつもあって、店の自慢料理の明太ソースの幅広うどんや素材を生かした料理を食べ、飲み、

1年ぶりに再会した4人は楽しい時を過ごしました。

それじゃまたね、とそれぞれの家路にむかう夜のプラットホームに上がった風景は、

夕方の雰囲気とは嘘のようにうって変わって閑散としていました。