朝一番のアンコールワット見学を終えて、ゆっくりとホテルでの朝食をとりました。

カンボジアは1954年までの90年間フランスの保護国となっていて、食文化のほうでも

影響を及ぼしていました。朝食のメニューではフランスパンなどパンの種類が豊富でした。

ビュッフェ形式でしたので、いろいろな種類の食べ物やフルーツで楽しいひとときをもてました。

喧騒にみちた街路の景色とはまるで違い、いきとどいたホテルの施設内は快適空間そのものでした。

Memories of Cambodia

ホテル中庭ではパシャ・パシャ・パシャ・・・とスプリンクラーが打ち水をしていました。

白い花が気になるのですが、名前がわかりません。

Beautiful Cambodia

きれいに整備された環境は気持がいいものです。

Memories of Cambodia

朝7時台のプールサイドは空いていました。

Beautiful Cambodia

野生のランでしょうかね。

Memories of Cambodia

♪ 名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ ♪

大きなヤシの木を身近に見てしまいました(笑)