まだ冷たい早春の風に香りを漂わせ、控えめに、しかし、気高く咲いている梅を

眺めていますと、すーっと心の中があたたかくなっていくような気がしてきます。

このような梅は、早春を彩る素晴らしい「自然」からの贈り物だと思います。

白雪のように~

淡い新雪のさわやかさを感じるごとに、なんかいじらしくなってきます。

ぱぁ~と明るくなって~

まわりの冷たい空気を破って、暖気流を吹き込んでいるみたいです。

<京都府立植物園にて>