大阪城梅林に行きました。

キャノンギャラリー梅田で催されている写真展の帰りに寄りました。

大阪城梅林の情報では冬至梅が数本咲き始めたとのことで

ちょっと期待しましたが、見当たらず

そのかわりに、ロウバイ(蝋梅)の木がみごとでした。

Prunus × subhirtella cv. Autumnalis

苑の外では、ジュウガツザクラ(十月桜)が咲いていて

小さな可憐な花をつけていました。

Camellia sasanqua cv. Fujikoana

カンツバキ(寒椿)の花です。

Narcissus tazetta var. chinensis

苑内の梅の木の間には、スイセン(水仙)が植わっていて

きれいな姿をみせています。

Chimonanthus praecox

まだこれからという白梅や紅梅の間では

ロウバイ(蝋梅)がみごとに咲いていて、いい匂いです。

今年の開花は例年に比べて2週間から3週間程度遅れるらしいですね。

また、日を改めて来ようと思っています。