朝鮮王朝の格調高い宮中遺物に触れたあとは、ソウル一繁華街の明洞(ミョンドン)に戻ってきました。

明洞(ミョンドン)は、観光客に人気のあるショッピングエリアで、日本でも大人気の韓国コスメ

ブランドショップをはじめ、ブティック、メガネ屋、グルメのレストランなどがいっぱいあります。

「明治町」と呼ばれた日本統治時代では、日本人居住区、商業中心地として発展しました。

今、街を行きかう人々を見て、時代の流れを感じざるをえません。

Seoul,Memory

平日ですが、人、人、人でいっぱい。

Seoul,Memory

やっと昼食です。明洞(ミョンドン)のど真ん中にある韓国伝統家屋で韓定食をいいただきました。

1人前28,000ウォン。びっくりしますが2,000円ほどで、めずらしい品をお腹いっぱい食べれました。

写真は「ローストビーフの野菜・ニンニク添え」。次から次と料理が運ばれてきました。

Seoul,Memory

最初はお粥、キムチなどではじまり、前菜、メイン、ご飯、チゲ、おかず、そして最後はデザート、と

コース料理になっていました。

田舎味噌をつかった味わい深い味噌チゲに、噛めば噛むほど味がでる五穀ご飯も美味しかったです。

Seoul,Memory

大通りで、日本でいえばどこにあたるのでしょうか。

Seoul,Memory

左靴が気になって探しましたが、見当たりませんでした。(笑)

Seoul,MemorySeoul,MemorySeoul,Memory

写真真ん中のスクリーンは、気がついて見上げれば、映像が変わっていきました。

The sky of Myeongdong,Seoul

旅行のときは、まだまだ暑い日が続いていましたが、どこか秋の空を予感していました。

投稿:2011.10.2