6年前に景福宮横に開館した国立古宮博物館は、2007年に地下1階地上2階の建物に

リニューアルオープンしました。朝鮮王室に関連した遺物を一挙に集めただけあって、

見ごたえはかなりのものでしたが、館内の全てを詳しく見るには少し時間が足りませんでした。

でも、驚きやらため息やらで、朝鮮王室の500年の歴史と文化を一瞬にして吸収できて、

いい思い出ができました。

国立古宮博物館 / National  Palace  Museum Of Korea

階段を上がったところに入口があります。

The history and culture of the Korea Royal Family

龍模様の天井飾です。

The history and culture of the Korea Royal Family

木造の瑞獣です。古代中国でこの世の動物達の長だと考えられた特別な霊獣(応龍、鳳凰、

麒麟、霊亀)に代表される動物のことで、良い事が起こる前兆とされています。

国立古宮博物館 / The history and culture of the Korea Royal Family国立古宮博物館 / The history and culture of the Korea Royal Family

薄暗い館内ですが、華麗な衣服や装身具の輝きの数々には圧倒されました。

美しいかんざし / Beautiful KANZASHi国立古宮博物館 / The history and culture of the Korea Royal Family国立古宮博物館 / The history and culture of the Korea Royal Family

朝鮮王朝最後の皇太子妃で、日本から嫁いだ英親王妃の礼服や髪飾りもあり、

日本との深いつながりに思いを馳せました。

The history and culture of the Korea Royal Family

立派な金宝(王室印鑑)です。

国立古宮博物館 / The history and culture of the Korea Royal Family

国家儀礼時に使われた祭器などが展示されています。

National  Palace  Museum Of Korea

広い展示室で、歴史と文化を満喫することができました。

National  Palace  Museum Of Korea

孔雀の羽で彩られています。

御料車 / Royal carriage

皇帝、皇后の御料車です。

街なかの景色 / Scenery of the downtown

外に出ると、だんだんと現実にもどっていきました。

-

投稿:2011.9.27