台風一過の秋晴れを期待した22日でしたが、空を見上げてもなかなかそうもいかず、

でもここはどこか京都へでも、と車で出かけることにしました。

午前中に1号線を京都方面へ走り出すが、これといった目的地も見当たらず、当てにする

ナビもこの車にはついていなくて、結局は京都伏見にある城南宮にたどり着くことになりました。

この神社の歴史は古く、桓武天皇の時代には平安遷都にあたり城南の鎮護として平安京の

守護神とされ、平安時代の末にはこのあたりに貴族の別荘が建ち、離宮の造営がなされました。

江戸時代には方除け、厄除けの神として信仰が深く、近年では教科書に出てくる鳥羽伏見の

戦いの衝突地がこのあたりで、言わば、明治維新の史跡でもあるわけですね。

というわけで、きれいにいきとどいた境内や花の庭を堪能することができました。

日本の美 / The beauty , Japan

城南宮の正面からはいっていきました。雨が少し降ってあがったところで、朱塗りの

鳥居が美しかったです。

菊水若水 / Pure water

伏見八名水の一つで、菊水若水が城南宮敷地内の鳥居側に涌いています。

狛犬 / Pair of stone guardian dogs

ここの狛犬はこんな感じでした。

静寂 / Quietness

神苑には源氏物語花の庭として、「源氏物語」に登場するほとんど全ての植物(100余種)が

植栽されているとのことで、歌碑も建っていました。

五色の布が鮮やか / Five colors of cloth

鮮やかに五色の布が風にそよいでいました。

清らかな流れ / Clean flow

曲水の宴は平安時代の優雅な 歌遊びです。

この清流にのぞんで詩歌を作り盃を巡らしたのでしょうか。

蝶のように・・・ ・/ like a pretty butterfly

花の庭でみつけました。まるでかわいい蝶のようです。

雨の中いきいきと・・・ / Rain of September

雨に濡れてひときわ鮮やかです。

だんだんと色づく稲穂 / Ear of rice which changes color

庭の片隅では水田があり、だんだんと稲穂が垂れてきていました。

-

投稿:2011.9.25