三津寺というお寺が大阪の御堂筋に面したところにあります。

また、お寺の前の通りは三津寺筋(みってらすじ)と呼ばれ、ミナミを代表する飲み屋街で

夜は大変にぎわうところです。

三津寺は745年、行基が創建したとされる古刹です。昭和初期の御堂筋拡張によって寺域が

縮小になりましたが、境内から見る本堂はなかなか荘厳でした。

なで仏と彫刻 / Pindola Bharadvaja,Carving

境内には、おびんずるさん(なで仏)がで~んと奥に鎮座していました。

そして、この彫刻もなかなかの芸術作品でした。

都会の古刹 / Urban old historic temple

みってらすじからひょいと境内に足を踏み入れると、そこは静かな世界がありました。

投稿:2011.8.2