今日6月22日は夏至で、一年中で昼が一番長い日だったんですね。

ちなみに、大阪の日の出は4時45分、日の入りは19時14分だそうです。

おとといの晩、大阪もずう~っと雨に打たれていました。梅雨時とはいえ、感心します。

ピカピカと雷も鳴っていましたが、朝になると雨が上がり、よしっと思い、森林浴を楽しみに

やってきました。

ここは大阪府の東北部にある大阪市立大学付属植物園です。

広い森の中は、雨をたっぷり吸った樹木や草花でいきいきとしていました。

空気がおいしいって、こんな感じで、ほんとうに清々しい気分でした。

ハンゲショウ / Saururus chinensis

緑の葉にいたずらっぽく、白くペイントしたように見えますが、この植物はハンゲショウといい、

半夏生と書いたり、カタシログサとも言います。夏至をしばらく過ぎたころから花が開き、葉が

半分白くなります。まさに半化粧の状態ですね。

Nymphaea CV. 'Fabiola'

スイレンですが、咲く時間帯はだいたい午前中。

午後3時ぐらいには閉じてしまいます。不思議ですよね。

Iris ensata var. ensata

花菖蒲です。雪のように真っ白でした。

いずれがアヤメかカキツバタ・・・

風に揺られて~

広い森の中で、ぽつんとゆったりと・・・

ひとり(?)で揺れて、楽しんでいました。

森の奥へ・・・

雨をいっぱい吸い込んだ緑の木は大地と一緒にありました。

投稿:2011.6.22