和歌山への日帰り観光バスの一行は、安珍と清姫の物語で有名な道成寺に立ち寄りました。

能楽、人形浄瑠璃、歌舞伎でもよく知られていて、ああ、ここがその寺ですか、と一行は

顔をみあわせてうなずくことしきり。

道成寺仁王門

仁王門まで急な石段を一気に上がると、本堂が見えてきました。

道成寺本堂

本堂にむかって右手に安珍塚と書かれた石碑と榁(むろ)の木が植えられていました。

道成寺三重塔

三重塔です。

道成寺境内

この物語は、一夜の宿を求めた熊野詣の僧・安珍に恋心を 抱いた清姫が、約束した再会を

裏切られ、大蛇と化して安珍を追う。そして、安珍は道成寺の鐘の中に身を隠したが、

大蛇は鐘に巻きつき安珍を焼き殺してしまい、自らも入水自殺をする、という、いま考えても

空恐ろしい話ですな。こわこわ・・・・・・

里の道

道成寺へたどり着く周りの風景です。いい感じでした。

投稿:2011.5.11