歩いていて、軒先の赤いナンテンの実を見つけました。

粉雪まじりのどんよりとした冬空のもと、赤色が鮮やかに

映えていました。

この季節、まわりの雰囲気に結構合う木なんですね。

ナンテン (南天)/ Nanten

堀端で、枯れ枯れになっているハスです。

立て看板には確か「花はす 淀姫」とありましたが、

この寒さでは元も子もありません。

凛とした姿は初夏まで待つしかないようですね。

冬枯れのハス / Lotus land

京都・下京区

投稿:2011.1.31