今秋限定復活した「ひらかた大菊人形-龍馬伝」に行ってきました。

ひらかた、と聞けば菊人形と言われるほどに、全国的にも有名であったのですが、

5年前に、100年近く続いた菊人形展がいろいろな理由により、なくなりました。

昔から京阪電車に乗れば、すぐに観覧できたので、母親や姉らとみんなで、よく

連れて行かれたのを覚えています(笑)。小さい頃だったので、人形の表情とかが怖くて、

正直言って、あまり楽しくはなかったですね。毎年のように行っても、凄い人気で、

工夫を凝らした段返しの場面もあったりして、暗い人ごみの先に明るくスポットライトに

照らし出された菊の匂いとともに菊付けの人形が居てたのが印象に残っています。

今回の菊人形展は、NHK大河ドラマの龍馬伝がテーマで、華やかな菊人形によって、

大河ドラマの物語が表現されていました。また、おまけに、菊人形師のすばらしい

菊付けの実演も見ることができました。

会場はだんだんと混んできましたので、このあたりで出ることにしました、久しぶりの菊人形展

を目の当たりにして楽しい時間を過ごしました。(ひらかた大菊人形も今回限りか~)

菊人形,Chrysanthemum figure

龍馬の姉「乙女」とチンと座っている兄「権平」です。

菊人形,Chrysanthemum figure

「西郷吉之助」と「桂小五郎」が対座しています。

菊付け実演中

菊師による「菊付け」実演中。

胴殻に**「玉」をさしこみ、茎が折れないよう「い草」で縛って

「菊の着物」をつくりあげます。

**根のついた生きた菊を2~3株ずつまとめ水苔で巻いた

ものを「玉」という。(説明文より)

菊人形,Chrysanthemum figure

向かって左から「後藤象二郎」、「坂本龍馬」、「中岡慎太郎」の揃いぶみです。

菊人形,Chrysanthemum figure

寺田屋で龍馬を刺客から救った「お龍」のシーンです。

菊人形,Chrysanthemum figure

龍馬の初恋の相手とされる「平井加尾」の艶姿です。

投稿:2010.11.4