ことわざに、「早起きは三文の徳」、というのがありますが、英語でも、The early bird catches

the worm.(早起きの鳥は虫を捕らえる)ということわざがあります。裏を返せば世間の人はだいたい

寝坊なので、早く起きるといいことがあるよ、といっているようなんですね。

この日は、エ~ィ、と気合を入れて朝5時半に起床し、夏の朝の景色を探しにいきました。

まず、驚いたことに府道がこんなにもシ~ンとしているんだなぁ、と。そして、いつも見慣れている

風景がまるで違ったものに見えて、新鮮でした。

The artery which does not yet move

これからどんどんどんどん車が増えてくるんでしょうね。この時間帯に限れば、正月みたい。

A town of the aestheometry

町はまだまだ眠りの中でした。

A torii in the light of the morning

鳥居に一筋の日の光が差し込み、いつもの情景とは違って見えました。

Light of the morning

ご近所の大学校舎の壁に映える大きな木のシルエットで、時間とともに大きくなっていきました。

The scenery of the town

昨晩の飲食店から排出された生ゴミなどを、早朝からパッカー車が回収していました。

*

投稿:2010.8.8