Tanabata 七夕

今年も早や半分が済んでしまったのか、と思っていましたら、今日は「七夕」なんですね。

7月7日七夕の夕、天の川を隔てて輝く、彦星(牽牛星)と織姫(織女星)が一年に1度だけ

逢うことを許された夜・・・・・・

しかし、この日雨が降っても、かささぎの群がどこからともなく飛んできて、天の川で翼と翼

を広げて橋となり、織女を牽牛のもとへ渡す手助けをしてくれるのだそうです。・・・・・実に

ロマンチックですね。

この写真は、今日の雨の午後、京阪電車枚方市駅構内の様子ですが、現在の枚方市、

交野市のあたり一帯は平安時代の頃は交野が原(かたのがはら)と呼ばれ、

七夕伝説発祥地と伝わっています。そして、市駅エリアでは「天の川」が流れ、

「かささぎ橋」が架かっています。

笹の葉に、思いを込めた短冊、たくさんの願いがあり、重たそうです。まだまだ、

書き足らないのでしょうか。

しばし、心は子どもの頃に戻っていました。

*

投稿:2010.7.7