京都洛南深草の里に、平安遷都以前から祀られている古い社、藤森神社があります。

5月5日に行われる駆け馬神事や菖蒲の節句の発祥地として有名な神社です。

この日も静かな佇まいのなかにありました。

The quiet precincts

緑深く広い境内に、新緑が大きくそよいでいました。

Traditional and decorative lantern

本殿に吊ってある灯ろうで、風情がありました。

Smile,smiling

神輿蔵。ニコニコと微笑んでいるようで、楽しくなってきました。

菖蒲の花 Acorus calamus

菖蒲は尚武に通じ、尚武は勝負に通じるといわれ、

勝運をよぶ神として信仰を集めています。境内で咲く一輪を

見つけました。

Tyozu 手水

まず左手を洗い、それから・・・口をすすいで・・・、と手水の作法ではなるんですが、

この手水鉢台石の由来を読んでびっくり。あの石川五右衛門が宇治浮島にある十三重塔の

上から5番目の石を持ってきた、と。宇治と深草、相当な距離がありますがねぇ。

The precincts

旗塚にあるイチイガシは「いちのきさん」として親しまれ、ここにお参りすると腰痛が直ると

言われていて、幕末の近藤勇も参拝したそうです。

Relaxation 絵馬舎

絵馬舎。

次回も藤森神社からを予定しています。

投稿:2010.6.17