「海遊館」は、かなり大きい水族館だなぁ、とは思っていましたが、世界最大級とは知りませんでした。

大阪のベイエリアに位置する天保山にある海遊館にはたくさんの生き物が暮らしています。

そこでは、太平洋を取り囲む地域の自然環境を再現して、生命のすばらしさ、尊さ、不思議さや

自然環境の大切さを教えてくれています。

ほんとうに時間の経つのを忘れてしまいました。

Osaka Aquarium Kaiyukan

ここは、魚のとおりぬけ「アクアゲート」です。

見上げると天井にもいろいろな種類の魚が泳ぎ、わ~っと感動しました。

IMG_6258

イワシが、ぐるぐるぐるぐる~忙しく群泳しています。

長いエスカレーターで最上階 まで上がっていき、そこから、順路に従ってスロープを下り、

下のフロアへとまわっていきます。

IMG_6142

小魚の大きな塊(右上)をどうにかしてカメラに捉えようとしてると、タコが邪魔をしにやってきました。

ちょっとびっくりですね。

たくさんある水槽の陸上風景や、水面や水中からの眺めを楽 しめるようになっています。

IMG_6200

ジンベエザメは、成長すると全長が13mにもなる、世界で

いちばん大きな魚類です。でも、顔に似合わず性格はおとなしい、

らしいですよ。

IMG_6222

メガネモチノウオ

額がこぶ状に突出する形が、ナポレオンの帽子を想像

させることから、「ナポレオンフィッシュ」ともいわれています。

「ナポレオン・・・・・」のネーミングのほうが馴染みがありますね。

こちらは、なわばり意識が強くて、性格はおとなしい、とはいかないようです。

IMG_6249

でっかい “海” に潜り、マンボウと遊んでいました。

IMG_6153

大きな風呂敷を広げたようなかたちで、悠々と羽ばたいているのは、

世界最大のエイであるオニイトマキエイで、「マンタ」とも呼ばれています。

なんでも、ダイバーが吐き出した空気の泡が大好きらしいです。

*

訪問:2010.4.12海遊館