奈良・元興寺の今、「ならまち」歩こう、に始まった奈良の散策もこれでピリオドです。

奈良へはちょうど半年ぶりでした。今回の町の印象は秋、春という季節の違いはありますが、

平城京遷都1300年祭の趣がより強く出ていました。期間中のイベントも目白押しで、

4月になると開催される奈良国立博物館での大遣唐使展へはぜひ行ってみたいものです。

次もゆっくりと古都奈良を堪能したいと思っています。

氷室神社 Himuro-jinja Shrine

氷室神社は桜の名所でもあり、すごい観光客でした。

鴎外の門

文豪「森 鴎外」邸宅跡に残された門です。今や石碑と門だけですが、鹿の散歩コースに

なっていました。

屋号「鹿屋」

「鹿屋」という東大寺大仏前にあるおみやげ屋です。

金剛力士像の吽形 Kongōrikishi金剛力士像の阿形 Kongōrikishi

持国天 Jikokuten兜跋毘沙門天像(とばつびしゃもんてん) Tobatsubishamonten地天(じてん)Jiten

南大門の金剛力士像はなんと8.4mもあるそうです。(上段)

中門の西側(左)は持国天、東側(右)は兜跋毘沙門天です。地天は兜跋毘沙門天を両手で支えて

いて、なにか惹かれますね。

奈良東大寺

奈良といえば鹿ですね。静かにくつろぎのポーズでした。

鏡池

子ども達が小さい頃、鏡池の前で記念写真をとりましたが、憶えているでしょうか。

東大寺大仏殿(金堂)

大仏殿の威容さを捉えてみました。

華厳宗真言院の土塀(どべい)

東大寺の塔頭、華厳宗真言院の趣のある外壁です。

狸のいる風景

日が沈もうとする東大寺からの帰り道で、ちょっと休憩していかないか、ってタヌキが招いていました。

*

撮影:平成22年3月22日