京都東山区を散策しました。

瓢箪型の絵馬

よ~く見ると、瓢箪型の絵馬がかかっていました。

ここは大和大路正面に位置し、祭神を豊臣秀吉とする豊国神社で、

京阪七条駅から東へ京都国立博物館の北側に鎮座しています。

豊国神社 Toyokuni jinja Shrine

鳥居をくぐり、境内に入ると正面に立派な唐門がありました。

この唐門は伏見城の遺構で、その昔二条城から南禅寺の金地院を経てこの地に移された

といわれています。国宝なんです。

唐門の奥に拝殿があり垣のなかに本殿がありますが、一般の参拝客はここから参拝します。

満開の蜂須賀桜

唐門の左側では早くも桜が咲いていました。早咲きのサクラで蜂須賀桜(ハチスカザクラ)と言い、

ヤマトザクラと沖縄系のカンザクラの一種で、3月末まで楽しめそう、とのことでした。

養源院 Yogen-in Temple

養源院は蓮華王院(三十三間堂)の東向かいに位置しています。

養源院は、秀吉の側室淀殿が父浅井長政の菩提を弔うため、秀吉に願い建立され、寺名を長

政の院号である養源院とされた、とあります。

ここは、伏見城が落城したときに、多くの武士が討ち死にした広間の床を供養のために

血のついたまま、養源院の天井板としていることで有名なお寺なんです。

寒椿 Camellia japonica

境内(養源院)で、ひっそりと咲く一輪の寒椿を見つけました。

落花 Falling of blossom

木にはまだまだ蕾もついていましたが、その命を終えた花々も

地面に落ちていました。静かな風景でした。

法住寺 Hojuji Temple

三十三間堂と道を挟んで、こじんまりと法住寺は佇んでいます。

山門横には紅白の梅の木がありました。

*

撮影:平成22年3月17日