こんにちは、

宇治を散策した続編です。

浄土式庭園と平等院鳳凰堂

浄土式庭園の水面を、風がサーッと吹きぬけていきました。

訪れたのはず~っと前のことになります。くっきりと水面に映る鳳凰堂の姿を期待して

いたのですが・・・・・・・・・・・・まあこれはこれでいいですかね・・・・・

The Tale of Genji,picture scroll

宇治川岸の道を川上に向かって進むと、

朝霧橋の手前に宇治十帖モニュメントが建っています。

すぐそばに宇治川が流れ、朱色の朝霧橋がある

この場所は、訪れる人を平安王朝へと誘います。

つばき

この椿 も、なかなか風情がありました。

Ume tree of Jodoin Temple

平等院では一年間を通して、いろいろな花木がたくさんあります。

桜、ツツジ、ふじ、水蓮・・・・これからだんだんと暖かくなるにつれて境内を満たしてくれます。

最勝院 Saishoin Temple

最勝院は平等院の塔頭で、静かな佇まいを見せて

いました。もう一度外へ周り、シャッターを押したこの

一枚に落ち着きました。

浮島十三重石塔

鎌倉時代、宇治川での殺生の罪を

戒めるため、供養塔として建立された、とのこと。

浮島十三重石塔は高さ15mぐらい

あるそうで、近づくとその偉容にびっくりします。

朝霧橋

山紫水明そのもので、朱塗りの朝霧橋が映えます。

緑の山を背景に写真を撮るのもいいですね。

平等院表参道

平等院へと通じる参道です。週末などは観光客でいっぱいになるんでしょうね。

離宮水

宇治七名水の一つで、かつては

離宮明神・離宮八幡とも、離宮下社

とも呼ばれていた宇治神社の脇から

湧きだしていることから、離宮水の名

が付けられているそうです。

離宮水で喉を潤し、そして、

おみやげに茶だんごを買って帰りました。

*

平成22年3月6日記