芭蕉の像の前で

” 月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也 ” ・・・・ 芭蕉が「奥の細道」で

人生の旅を書きとめてから、ざっと300年。ここ出羽三山神社で語りかける

ような翁の旅姿に出会いました。

移り気な蝶ですね

月山・弥陀ヶ原湿原

境内社が並ぶ

今年、平成21年は「丑歳御縁年」とやらで境内のいたるところに幟がたっていました。

12年に一度の丑歳に参詣すれば、12回お参りしたのと同じとされ、大変なご利益が

あると伝えられてきました。これからをおおいに期待したいものです。

唯一の黄色でした

月山・弥陀ヶ原湿原

美しい国 庄内

萱葺神社建造物として日本では最大の大きさを誇り、三片に朱塗りの高欄を巡ら

した豪壮な建物です。豪雪を彷彿させられました。

アザミと一緒に・・

月山・弥陀ヶ原湿原

杉木立に眠る社

杉の老木が迎えてくれました。

羽黒山は歴史に薫る修験の山 として今も凛としていました。

開花までもうすこし、リンドウの蕾

月山・弥陀ヶ原湿原

梵鐘を前にして

若いカップル,お札を買っているのかな。

ちょっと休憩です

月山・弥陀ヶ原湿原

厳島神社

小雨が降るなか目を凝らしてみると、細部にいたるまで素晴らしい彫刻が施されて

いて感嘆しました。

可憐な蕾

月山・弥陀ヶ原湿原

しっとりと、雨のなかに佇む

鬱蒼としたなか、静かに佇んでいました。

組み石の上を歩いて・・

月山・弥陀ヶ原湿原

ウサギとは、めずらしい

月山の八合目にある月山中ノ宮で、大きなウサギ

に出くわしました。ひごろお目にかかるのはたいてい

狛犬ですが、この神社ではなぜだかウサギでした。

月の山 故にウサギかな、と思ったりしましたが。

湖に霧が降りてきました

月山・弥陀ヶ原湿原

雨模様の湯殿山神社 大鳥居

湯殿山神社の大鳥居。もうちょっと天候がよければ朱色が空に映えたのになあ。

雲海の向こうに Mt.Fuji

JAL機内から撮影。

雲海に浮かぶ富士山をロックオン。

高度8000m,24℃

<2009.8.20~21 東北出羽三山を旅する。>