緑うっそうとした中・・・

ここへはほんとうに久しぶりです。

天国への階段(石段)のようで、一段、一段、ワクワクして

上ったものです。

緑陰をとおる風は冷たくて気持ちよかったですね。

手水 チョウズ

“梅の木” の手水。めずらしいですね。

セミとりに夢中・・

木々にセミの合唱団の声、うるさいってなもんじゃないですね。

セミは、なんと7年間もの長い長い月日を土の中に過ごし、

それからは、わずか7日ほどの命というではありませんか。

そのはかなさゆえ、精一杯鳴いているのでしょうか。

しばらく少女のセミとりの、お手並みを拝見。そうすると1匹が

網にはいりました。元気よく鳴いています。少女に聞くと、虫

かごなんか無いんですって。その1匹を網の奥のほうにやって、

エイヤー。入ってしまいました。結局、2匹ゲットし、にんまり

したところで、少女と別れました。

意賀美神社参道

境内には梅林が100本ほどあり、2~3月は白梅、紅梅が咲きます。この季節は残念ですが。

“万年寺山の緑陰” で、ちょっと木々の間に入れば、すずしい風を感じることができました。

竹林

竹林もスーとした風を呼び起こし、暑さをひと時忘れさせて

くれましたね。

あいにくの曇天・・

“秀吉御茶屋御殿跡” から淀川と曇天の空を写しました。

IMG_9472

花の名まえはなんというのでしょうか。