In the Park

枚方市役所前の公園で、お父さんと一緒に来ていた少女。

外国人でしたが、このへんの近くに住んでるのかな。

可愛い少女ですね。

宗左の辻 ソウサノツジ

その昔、京街道と磐船街道との分岐点で、江戸時代に製油

業を営んでいた角野宗左という人がこの辻脇に住んでいたこ

とから、こう呼ばれるようになりました。 枚方の遊女達が磐船

街道を帰る客を、「送りましょうか、送られましょうか、せめて

宗左の辻までも」 と唱い、見送ったそうです。

そんな時代があったんですか、という驚きと、なんとも言えな

いムードを、後方に写っている道標は物語っています。

でも、今は違います。その前をせっせと女性が闊歩して

いるんですから。

菊人形みそ(北村本家さん)

菊人形みそ の暖簾の下がる味噌店です。

「この味でないとだめ」と全国から注文がくるそうですよ。

Hibiscus syriacus

京街道沿いの民家の軒先で可憐な花を咲かせていました。

常夜燈(京街道・枚方)

自転車の来た方向(後方)に ”枚方本陣” 跡があります。といっても、公園の空き地に碑がある

だけですが。どこかの本陣跡に見られるように、保存し整備していけばよかったかもしれません

ね。跡形ないんですから、残念です。

塩熊商店さん

江戸時代に東海道56番の宿場町として栄えていた枚方宿。

三十石船に乗ってやってくる客に「餅くらわんか~、酒くらわんか~、と酒肴を茶碗で売る

くらわんか舟が名物でした。

美術骨董商(枚方・京街道)

美術骨董品商。淀川から掘り出されたくらわんか茶碗などは徳川300年の歴史を感じとる

ことができますね。

京街道の町並み

某医院の家並みです。なかなかの趣がありますね。