霊山寺(1 Shikoku pilgrim)

<霊山寺>

一番札所 霊山寺 にお礼参りにいきました。

平成20年1月から1年半かかり、ようやく88カ所めぐることができまし

た。今回もバスツアーでしたので、おまけに5カ寺プラス。

ぎゅうっと、お寺が近くにまとまっているので、ここだけなら歩き遍路も

できるかな、と思ったりしました。

梅雨空のほんとうに蒸し暑い日でしたが、四国の旅を楽しみました。

ですから、ああ、ここ行ったな、こんなんやったんたや、と。ちょっと、

余裕で周りを見つめることができたみたい。よかったです。

同行二人オヘンロサンとお遍路さん

私はというと、いつも普段着の参加でしたが、このように、笠、白装

束、金剛杖の方はたくさんおられました。(写真右の女性は何時間

でもこの姿勢でした)

Japanese garden(極楽寺)

<極楽寺>

美しい庭園を拝見させていただきました。もちろん、だれでも見れるんですけどね。

すばらしかった。

記憶っていいかげんなもので、以前に来ていますが、あまり思い出せないんですよ。

長命杉(極楽寺)四国の旅2009.7.9

でもね、この長命杉のことははっきりと憶えていました。

この樹、樹齢は1200年あるらしいですが、あまり背丈は高くない

ですね。

木仲間でも高齢だと思いますが、それこそ今まで、いろいろなこと

を体験してきたんでしょうね。考えると、不思議になってきます。

「これ、古い、古い木やから、記念に撮っときや」、と仏像ガール

におせっかいをやいてしまいました。

金泉寺 コンセンジ

<金泉寺>コンセンジ

大師がこの地を訪れた際に、水不足解消のため井戸を掘ったところ、黄金井の霊水が湧出し

たことから寺号を金泉寺としたといわれています。

いまでも田舎では井戸水はありますが、あたりまえのように水道水があり、スーパーやコンビ

ニでもおいしい水を簡単に手に入れることができます。あいがたいことです。

大日寺境内

<大日寺>

四国霊場で、ここと同じ名のつくお寺が、確かもう2カ寺あったように思います。

本尊は大日如来です。

四国の旅2009.7.9真っ白なキキョウ

山門をくぐると、ハスの花が水をたたえた大きな鉢に咲いていました。

そして、キキョウの花、紫の色はよく見かけますが、白い花を咲か

せていました。ちょっと珍しいでしょ。

地蔵寺の空

<地蔵寺>

ここまでも、あまりにも蒸し暑かったので、空を見上げると、こういう感じの空でした。

本堂の屋根瓦と四国の梅雨空、といってもちょっと青空ぽいですが。

大師像(地蔵寺)樹齢800年の大銀杏の巨木

鐘楼と大師修行像がありました。そして、この木、ちょっとわかりずら

いですが、でっかかったですよ。高さ20m、樹齢は800年ぐらいら

しいです。大銀杏。生命力にびっくりしますね。

6 安楽寺

<安楽寺>

温泉山 安楽寺。なかなか趣のあるお寺でした。

安楽橋を渡る(安楽寺)庭園の池の鯉(安楽寺)

境内の安楽橋をわたると、目のまえが多宝塔です。

池の錦鯉も精いっぱい歓迎してくれているようでした。(ただ、おなか

が空いていただけか、な)

<霊山寺> 徳島県鳴門市大麻町板東

<極楽寺> 徳島県鳴門市大麻町檜段

<金泉寺> 徳島県板野郡板野町大寺亀山下

<大日寺> 徳島県板野郡板野町黒谷字居内

<地蔵寺> 徳島県板野郡板野町羅漢林東

<安楽寺> 徳島県板野郡上板町引野字寺の西北

平成21年7月9日遍路