先日のことでした。

いつものように朝、公園の散歩に行っているときに

娘からメールが入ってきました。

職場の先生が行けなくなったため、文楽のチケットがあるんやけどいく?

しかも、きょうの夕方からの公演とのこと(笑)

文楽は高校のとき鑑賞したきりで、よしっ、いこうと決めました。

そのようなわけで、

ひょんなことから、文楽公演へ。

50年ぶり(笑)の文楽はいい席で観させてもらいました。

近松門左衛門=作

心中宵庚申(しんじゅうよいごうしん)

上田村の段、八百屋の段、道行思ひの短夜

ひとつ感心したことがありました。

観客席の上のほうに字幕標示があって、大夫のことばが

その都度流れてくることでした。

大夫、三味線、人形が一体となって創りあげる独特の世界に

感動した日になりました。

人形浄瑠璃 Ningyō jōruri

 

おうす飴